Q&A


1.リトルリーグってなんですか

1939年アメリカ合衆国ペンシルバニア州ウィリアムスポート市で誕生した少年少女を対象とした硬式球を使用する少年野球のリーグです。国際基準に則りルールや塁間や用具などが規定されています。

また、毎年アメリカで世界大会も開催されています。

 

学童野球と大きく異なるところは以下の通りです。

・バッテリー間(14.02メートル)

・塁間(18.29メートル)

・ランナーはリードができません。

・投手は変化球も投げます。

 

また、現在、東京都内には約30チームが所属しており基本的には区または市単位でチームを作っております。原則として居住地あるいは通学先の学校がそのバンダリー内に位置しているかによって入団チームが決められております。当硬式野球チームの対象となるのは、目黒区または目黒区の隣接区(渋谷区、世田谷区、品川区、大田区)および港区、千代田区、中央区に居住地あるいは通学先の学校がある子供たちです。

2.練習はいつ、どこでやっているのですか

基本的には、毎週土曜日、日曜日及び祝日に二子玉川園近くの多摩川河川敷のグラウンドで練習をしています。

詳細はサイト内のスケジュールまたは選手募集/体験入団のページをご参照ください。

また、定期的に体験練習会も開催いたしますので、是非一度お越しください。

3.年間の大まかなスケジュールはどうなっていますか

春・夏・秋に公式戦があり、それ以外は練習日やオープン戦となります。

また、夏休みには4日間程度の合宿を山中湖等でおこないます。

4.どのような練習をするのでしょうか

専属のコーチにより基礎練習から応用練習などを各個人の学年や技量を考慮し、きめ細かく指導しています。冬季にはシーズンにむけた体力向上のための基礎トレーニングなどがあります。

5.用具はなにを揃えなければならないのですか

グローブ、バット、スパイク、ユニフォームパンツは各自で用意するのが基本ですが、チーム所有のものもありますので、入団の際にはお気軽にご相談ください。

また、公式戦ユニフォーム、ヘルメット、キャッチャー用防具、肘当て、ボールなどはチームが用意しています。

6.親の協力も必要だと思いますが、どのような協力が必要ですか

ご協力いただきたい主なものは

 ・救護当番(選手への応急処置)/月に1回程度

 ・グラウンドの準備(ネットの設営など)

 ・練習試合、公式戦でのアナウンス

 ・練習試合での父兄審判

などです。チーム運営にはみなさんのご協力が不可欠です。積極的に協力頂けると助かります。